ブログトップ
ブフ ブルギニヨン(牛肉の赤ワイン煮込み ブルゴーニュ風)
d0105444_21405577.jpg

作ったよ!作ったよ!!作ったよ〜〜!!!
ヤバいくらいに美味しかったぁ♪
いつもは小食の相方君がおかわりした位(^^)v

「これは家庭の味じゃない!!ホテルかビストロだ〜〜!!」ってさ☆

作る前は、「食べきれないから出来たらお裾分けしようよ。。。」
とか言ってたのに、次の日の朝にはなくなってたもんね♪

作り方はレシピブログに掲載されてるのと、オークラのシェフに頂いたものと
その他、色々「自分ち流」にアレンジしました☆
重いものが苦手な二人なので、「欠かせない!!バター!!」は
今回はお休みして、エリカ アンギャルさんの教えの元(?)オリーブオイルに変更☆
d0105444_2141811.jpg

まず、届いたアメリカンビーフの大きさにテンションあがる!!(@@)
1kg!1kg!すごい!!
(記念撮影したのは言うまでもない。。。(ーー))

で、悩んだ末、一晩マリネすることに。
マリネすることで、ワインがお肉を柔らかくさせ、
お野菜の味がしみ込むらしい☆
もちろん!!せっかくなので切らずに1kgまるままいっちゃいました♪
こんなお肉の塊、お家では見たことないんだもん〜〜〜!!!
ただ、うちのルクルーゼではギリギリ入るか入らないかで、ちょっとドキドキ(☆☆)
d0105444_21411642.jpg

今回使ったのは箱ワイン☆
贅沢は出来ません(^^;)
でも、十二分に美味しかったのだ☆
d0105444_21412685.jpg

一晩以上漬け込んだお肉は、見事にワイン色に染まってます。
これを塊のまま全面を焼いて、旨味と肉汁が抜け出さないように!

元のお鍋に戻して、一緒に漬け込んでた、ニンニク、セロリ、人参、玉ねぎ、ローリエ、
更にパセリとトマトの角切り、セロリの葉を加えてコトコト煮込みます。
d0105444_2141345.jpg

ほとんど赤ワインがなくなるまで煮詰めたら、フォンドヴォーとチキンブイヨンを投入☆
シェフのアドバイスは、赤ワインを煮詰めてからフォンドボーとブイヨンをいれること!

どうせ同じだからと、一緒に入れて煮込んでしまうと、
赤ワインの旨味が出ないんだとのこと。
赤ワインを煮詰めた後でスープたち☆
こういうところできっと味の差が出るんだろうなぁ。。。☆

で、いよいよ映画と同じくオーブンへI N!!!

弱火で煮込んでもいいのだけど、やっぱり真似してみたい♪
本当に蓋の取っ手が溶けないかどきどきしたんだけど、全然大丈夫でした!!
大好きなデロンギのオーブンとルクルーゼのコラボ。。。幸せ☆←ここで既に満足(^^;)
d0105444_21414845.jpg

待つこと180℃で2時間。。。
ヤバい!!!ジュリーと同じ失敗をするところでした。。。
お肉が大きすぎて、上の方が浸ってなかったのでちょっと焦げかけ。。。
オーブンの火力を甘くみてました(@@)

でも、なんとかギリギリセーフ!!
お肉は柔らかぁ、、、

ソースを裏ごしして、ソースと小麦粉を解いたもので少し濃度を付けます。
塩こしょうは加減を見て。
ホントはバターと小麦粉 1:1 のブールマルニエでとろみをつけるんだけど、
バターはもたれちゃう&太りそう(^^;)なので割愛☆

4つに切ったお肉とガルニチュールを添えて完成!!!
d0105444_22424114.jpg

お肉は柔らかで、ナイフいらず!!
ホントにホントに美味しかった。。。♪
かなり贅沢な晩ご飯。。。

こんなの作っちゃったら、クリスマスどうしよう(笑)

参考レシピはコチラ016.gif


只今、ランキング参加中です。
クリックしていただくと、投票していただいたことになります。
いつも応援、ありがとうございます♪
クリックして頂けるとちょっと幸せ(^^)


アメリカン・ビーフで作る!映画「ジュリー&ジュリア」で話題のブフ・ブルギニョン スペシャルパーティー&試写会に参加しました♪




付け合わせ、「ガルニチュール」のレシピ☆

この料理の原型は、ブルゴーニュ地方の農夫たちのお料理。
朝、農作業に出かける時に準備した鍋を持って村のパン屋さんに行くの出そう。
パン屋さんはもっと早起きで、ちょうどパンが焼き上がった頃。
パンが焼き上がって空っぽになったオーブンにはまだ余熱がたっぷり☆
そのオーブンに鍋をいれさせてもらってから農作業に。

戻って来る頃にはちょうど良く煮込まれてたそう(善明寺シェフのお話から)
d0105444_2144552.jpg

その付け合わせも本来は、玉ねぎとベーコンとマッシュルームだけだったそうです(^^)
今回は、せっかくなので忠実にそれだけにしてみました☆
(緑のものを入れたい心をちょっと押さえて(^_-))
d0105444_21441555.jpg

まず、塊のベーコンを拍子切りにして、沸騰したお湯で湯通し。
ホントは別々に炒めなきゃなんだけど、お家なので一緒にマッシュルームと炒めました。
d0105444_21442364.jpg

小玉ねぎ(ペコロス)は天地を落として地に十文字の切れ込みを入れます。
オリーブオイル(本来はバター!!)で軽くソテーして、
かぶる位のお水を入れ、塩少々、砂糖少々を加えて煮ます。
柔らかくなったら完全に煮詰めてグラッセ状にします。

これで、ガルニチュールは完成♪

で、どうでもいい失敗談。。。
「ブフ ブルギニヨン」の成功に浮かれて、
一緒に食べるお野菜用に作ったバーニャカウダを見事に焦がしてしまった。。。
「これ何?」
って位に(笑)
でも、かりかりガーリックとアンチョビ!!って感じで美味しかったよ(アハハ(^^;))

でね、アメリカンビーフが届いた時のラッピングが
嬉しいことにクリスマスラッピングだったの☆
d0105444_21443189.jpg

なんか、こういうのってちょっと嬉しいよね(^^*)
心がちょっとほんわか&二人でテンションあがっちゃった♪

素敵なクリスマスがみなさんに訪れますように。。。053.gif


只今、ランキング参加中です。
クリックしていただくと、投票していただいたことになります。
いつも応援、ありがとうございます♪
クリックして頂けるとちょっと幸せ(^^)


アメリカン・ビーフで作る!映画「ジュリー&ジュリア」で話題のブフ・ブルギニョン スペシャルパーティー&試写会に参加しました♪
[PR]
by shiduku1011 | 2009-12-03 22:44 | おいしいもの